スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最低利用契約期間・解約金比較

日本の携帯電話も最近そうなってきていると思いますが、アメリカの携帯電話を契約する際、「最低契約期間最低利用期間)」なるものがあります。ほとんどが2年なのですが、その期間が終わる前に途中解約すると、多額の解約金違約金早期キャンセル料)を払う必要があります。通常、この解約金はものすごーく高く設定されています。

確実に2年より長くアメリカに滞在する場合は問題ないのですが、途中で日本へ帰国することになったなどという場合、違約金を払って解約することになります。あるいは、サービスに満足がいかず他の携帯電話会社に変更したい、なんていうこともあるでしょう。

通話料が安いことが契約するメリットなのに、高い解約金を払う羽目になっては意味がないです。短期滞在者がアメリカの携帯電話の契約がしにくいのはこの最低契約期間と解約金の存在のためなのです。

ただし、最低利用契約期間が短いサービスや最低契約期間を設けていないサービスもあります。通常の携帯電話サービスに比べて少し通話料が高いこともありますが、全体で考えると高額な解約金を支払うよりは安い場合が多くあります。短期滞在者には非常に便利なサービスですので、検討してみる価値ありです。

会社 最低契約期間 早期解約金
at&t(cingular) 2年 $175
Verizon 2年 $175
Sprint 2年 $200
T-mobile 2年 $200
KDDI Mobile 3ヶ月 $225
HanaCell なし なし
スポンサーサイト
目次
ランキング

ブログランキングに参加中しています。↓クリックしていただけると、嬉しいですm(^-^)m♪

人気ブログランキングへ ブログ王ランキング
プロフィール

ケイ@USA

ブログ管理者: ケイ@USA
アメリカの携帯電話に関するブログです。最近、seesaaよりお引越し。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。