スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月契約の携帯電話

長期滞在するなら断然お得なPay Monthly

契約携帯電話は、携帯電話会社と契約を結び毎月利用料金を支払う方法でPay Monthlyとも呼ばれ、日本で私たちが通常加入するものとだいたい同じシステムです。当サイトで料金比較(基本料金・通話料金比較)の対称にしているのもこの契約タイプの携帯電話です。

一定期間アメリカに滞在するのであればプリペイドよりも一般の携帯電話を利用するのが便利ですしコスト面でも安心です。

契約と同時に携帯電話と利用プランを選びますが、毎月支払うのは

  • 基本料金
  • 無料通話分を超過した分の通話料
  • その他サービス利用料金

です。携帯電話購入時にSSNの提示やデポジットを要求する会社がほとんどですが、SSNが必要ない会社もあります。

メリット デメリット
初期導入費が安い

本体は0ドルからある

契約時にSSN(Social Security Number)が必要

SSNについて」参照 SSNを持っていない場合、デポジットを払えば契約してくれる場合もあるが、100~1000ドルと高額な上に、そのデポジットを取り返すには結構な手間と時間がかかる SSN・デポジットがなくても契約できる携帯会社 KDDI Mobile HanaCell

通話料金が安い

一般的なプランだと10セントぐらい
安いものでは1分3セントぐらいになるものもあるが、その場合は基本料金が高い

長期滞在者でないと購入は難しい

通常2年の契約が必要で、途中解約すると高額な違約金(200ドル前後)を支払う必要がある

最低契約期間がない携帯もある HanaCell

色々なプランが選べる

長時間話す、特定の人と多く話す、州外の通話が多い、特定の時間帯に多く話すなど、TPOに合わせてプランを選ぶことができる

契約がややこしい

手続きやトラブル発生時に英語でやり取りする語学力に自信のない人にとっては面倒 日本語で対応してくれる会社 KDDI Mobile HanaCell

チャージする手間がいらない

好きなときにいつでもかけられるのが携帯電話 プリペイド携帯のように残金を気にしたりチャージする面倒がない

無料通話分を超過すると高額に

無料通話分を超過した場合の通話料金は高く設定されていることが多いので注意が必要

通話明細が出る

プリペイド携帯などは通話明細が出ないことがほとんど明細があれば何にどのくらい使ったか、自分でチェックできる

スポンサーサイト
目次
ランキング

ブログランキングに参加中しています。↓クリックしていただけると、嬉しいですm(^-^)m♪

人気ブログランキングへ ブログ王ランキング
プロフィール

ケイ@USA

ブログ管理者: ケイ@USA
アメリカの携帯電話に関するブログです。最近、seesaaよりお引越し。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。