スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

通信方式について GSM or CDMA?

異なる通信方式

GSM CDMA
AT&T Verizon
T-mobile Sprint

アメリカではGSMCDMAのふたつの通信方式が主要なネットワークです。GSMのネットワークを利用するにはGSMに対応した携帯電話を、CDMAのネットワークを利用するにはCDMAに対応した携帯電話を購入する必要があります。携帯電話会社によって主要な通信方式が異なり、主に以下のような住み分けになっています。

この4社以外のMVNO(Mobile Virtual Network Operator:上記のような大手携帯会社からネットワークを借り受けてサービスを提供している事業者)の場合、どこのネットワークを借りているかにより通信方式が異なります。例えば、このサイトでも紹介しているHanaCellはAT&Tのネットワークを利用しているので、電波状況はAT&Tと全く同じです。また、KDDI mobileはSprintのネットワークを利用しています。

通信方式が違うと何が違う?

では、これら通信方式が異なる携帯を持っていると何が違うのでしょうか?

携帯電話を使うとき、電波の「圏内」でないと利用できませんよね。通信方式が違うと、この電波の届くエリア(カバレッジエリア、サービスエリア)が異なるのです。

deco4.jpg一般的には、携帯電話会社が異なっても同じ通信方式を使っていて、それらの会社同士が提携をしていれば、他社の回線を利用する(ローミングする)ことができると言われ、より多く使われている方式の方がより多くのエリアで利用できて有利であるということになっています。ですが、アメリカ国内においてはCDMAも進んでいるので規模の大きいGSMと比べ、どちらの方がカバレッジエリアが広いという顕著な差はないようです。

カバレッジの広さよりも・・・

むしろ、全体のカバレッジの広さよりも自分の住んでいる地域がカバーされているかということが最も重要になってきます。地域によってGSMしかない地域、CDMAしかない地域があるので、自分の生活の場でどちらがより使えるかで選ぶのが原則です。

まずは近くに住む人が何を使っているか周りの人に聞いてみるのが一番です。(各社から公表されているカバレッジマップは案外あてにならないと言われています。最終的には現場に立って電波が入るか入らないか確認するまで使えるかわからないのが実態です。)

スポンサーサイト
目次
ランキング

ブログランキングに参加中しています。↓クリックしていただけると、嬉しいですm(^-^)m♪

人気ブログランキングへ ブログ王ランキング
プロフィール

ケイ@USA

ブログ管理者: ケイ@USA
アメリカの携帯電話に関するブログです。最近、seesaaよりお引越し。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。