スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカの携帯電話会社について

アメリカ携帯電話の四天王

アメリカにおける日本で言うドコモ、KDDI、SoftBankのような位置づけにある大手携帯電話会社は契約者の多い順にAT&TVerizonSprint NextelT-mobileの4社です。

米国の携帯電話会社
会社 特徴 URL
AT&T Mobility アメリカ携帯最大手
元Cingular Wireless LLC
http://www.wireless.att.com/
Verizon Wireless Verizon Communications, Inc.とVodafone Groupのジョイントベンチャー http://www.verizonwireless.com/
Sprint Nextel Communication SprintがNextelを買収 http://www.sprint.com/
T-mobile (USA) ドイツに本社があるドイツテレコムの子会社 http://www.t-mobile.com/
KDDI Mobile おなじみKDDIによる在米日本人向けサービス
日本語サポートが受けられる、SSNが必要ない
http://www.kddimobile.com/
HanaCell 格安海外携帯で有名なモベルグループの在米日本人向けサービス
日本語サポートが受けられる、SSN必要なし、最低契約期間なし、破格の初期導入費
http://www.hanacell.com/

MVNOによる様々なサービスも見逃せない

deco1.jpg

ただ、アメリカではMVNO(Mobile Virtual Network Operator:上記のような大手携帯会社から回線を借り受けてサービスを提供している事業者)も含めると、携帯サービスを提供する会社は180を越すと言われており、様々なサービスが存在します。

KDDI MobileHanaCellなど、在米日本人に向けたサービスも存在し、これらの日本人向けサービスはアメリカの携帯電話を契約する上で高いハードルとなるSSN(Social Security Number:「SSNについて」参照)などがなくても契約できるというメリットがあります。

スポンサーサイト
目次
ランキング

ブログランキングに参加中しています。↓クリックしていただけると、嬉しいですm(^-^)m♪

人気ブログランキングへ ブログ王ランキング
プロフィール

ケイ@USA

ブログ管理者: ケイ@USA
アメリカの携帯電話に関するブログです。最近、seesaaよりお引越し。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。